有雨聲的日子裡 ホーム  »  スポンサー広告 »  Norn+9 »PSP Norn+9 市ノ瀬千里 感想(全日本語)
有雨聲的日子裡 ホーム » スポンサー広告 » Norn+9 »PSP Norn+9 市ノ瀬千里 感想(全日本語)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

PSP Norn+9 市ノ瀬千里 感想(全日本語)  

  市ノ瀬千里 CV:下野紘
そのツッコミ、絶妙です。b0f.gif
前々思ったけど、千里君の言うことはいちいち想像力が満ち溢れ、それといって的に命中するばっかりですね。毒舌の小動物系ではじめて見た!しかもなんですかこれはめちゃくちゃ保護欲を引き出してくれるんじゃないですか?!


以下、ネタバレあり、CGネタあり、他ルートネタあり。

全ルートクリアした後に読むのがお勧め。

でもその言葉使いは本当に辛らつですね。こはるは嫌味を通じないひとでよかったです。攻略中、小春組みのやり取りが楽しかったです。先に暁人を攻略したから、彼が千里君をかまう理由も知ったので、納得ができた。千里は人を邪険扱いするのは原因があった。
その原因はこのルートではなく、暁人ルートで解明したけど、シナリオの分配がちょっと……
千里君は小さい頃から能力が現われ、干からびた村の住民に重宝されたけど、能力は使えば使うほど体力を奪って、加えて彼は元々弱いから、能力を使うたびに発作がする。体が弱い弟をかばったから、兄は弟のもとから引き離されて——その記憶すら、千里君の中から抹消された。
千里君の力が弱かった、それは兄が離される前に力の半分を請け負ったのです。
何も知らない千里君は残された半分の力を持ちながら、能力者でありながら、村人に役立たずと罵られ、誰一人も頼れるものがなくて生きてきた。
その根暗の性格になったのも、無理はない。
そんな千里君にとって、船のみんなは別の世界の住民でしょう。
楽しくて、まぶしくて、自分とはまったく別の生き物みたい。
小春が来るまで、千里の世界はひとりだった、誰にも入れず、誰にも理解しない、彼一人の世界だった——その春の日差しが入るまでは。
まっすぐで純粋のこはるに、千里も邪険できなかった。部屋から引きずり出され、歩きまわされ、駆にからかわれ、振り回されても、千里は小春を拒めなかった——
あたたかくて、やさしくて、そんな綺麗な人に思われて、拒めるはずがない。
——そして、夢の中で告白した。
——そして、現実にキスしたのだ!!!!!驚嚇2
 
やり手です、この兄弟たちはやり手です

暁人もそうだ!!キスで七海の気を紛らわせて、無理やり能力を使って夏彦を撃退したのだ!!!
千里もこはるの気持ちを向けてくれるために水辺でキスしたのだ!!
この兄弟、やっぱり似てる。
やり手だ。擦汗
.
手慣れなのは一月なのに、この兄弟のほうがやり手だ。
.
攻め姿勢だ。驚嚇2
.
相手が合意で寄ってくるんじゃなく、掴まるのだ!
この十六歳、ウサギみたいな少年は天邪鬼の一面もあった。
駆が怖くてしょうがないのに、こんな反撃が!!
あの駆くんを黙らせるなんて、この子、なんて素晴らしい!!w48_h48.gif
この子、可愛いのに凄い!!
千里君の台詞はいつも痛いくらい命中しすぎて、すがすがしい気分をさせてくれる!体が弱いのに、頑張ることもできる子です。その気をさせないといけないんですけど。駆くんが熱を出たときに、こはると二人で畑仕事を頑張りました。根はいい子です、ただ成長期に不愉快な経験があったせい、性根がちょっと捻じ曲げて根暗なだけです。
その引きこもりで根暗で天邪鬼の彼にも、こはるの前では素直になった。嫌味が通じないから(おい)
弱くても、守りたい。
その彼に願わずにいられないのはこはるだった。
このルートの最後まで、説明しなかった。
どうして暁人は千里と同じ能力を持っているのか?
どうして暁人は千里をかまうのか?
どうしてこはるを助けに行くときに、暁人は千里のために尽力しようとした?
どんな経由で暁人と千里はひとつ大きいな力を分け合った?
何も説明なかった。
暁人と千里の関係を。
七海と暁人と千里の過去を。
千里はこはるを助けるため、力を振るおうとした。暁人から半分の力を取り戻し、夏彦と一緒にこはるを連れ戻すに行った。
ここの進行も突然だった。
どうして会議進行中に夏彦が突然に現われて、しかも『世界』をつれてきたの?前触れもなく入ってきて、『世界』がいきなり説明を始めた。リセットの説明と能力の説明をつなぎ合わせ、ちょっと無理っぽかった。その後すぐこはるに救助しにいく段階に入って、またいつものやり取りがはじめて、気持ち的に就いていかなかった。ただでさえシリアスが足りないと言うのに、さらに気分をぶっ壊し、シナリオの持続を中断してどうするの?まぁ、笑ってしまったけど。
その後はエンディングです。
ハッピーEDもバッドEDも大して変わりはないと私は思う。
前者は間に合ってこはるをとめて連れ戻した未来;後者はこはるが待ちを焼き払った後に合流し、結局千里くんも一緒に結賀史狼と言う人のとこに行った。
バッドエンドに史狼さんの態度の変わりもおかしいです。こはるひとりだけのときはあんなによくしてあげたのに、千里くんが来てからといって「一緒に檻に入れろ」の命令を出すなんておかしい。
ハッピーエンドに、こはるの説得を成功して、二人で帰った。しかも帰りに千里は夏彦の『能力を使って敵を退けろ』の要請をきっぱり拒絶して、こう言った:
この子……
やり手だ24d5436810db79dde86045caac7049ba_w48_h48.jpeg
もちろん、夏彦は怒った、正宗になだめながら全力を出して逃げ切ったXD 正宗さんは本当に苦労人です。
エンディングは甘甘で良かったと思います。引きこもりの千里くんと毎朝起こしに来るこはるちゃんの会話はカップルっぽくて良いと思います。
「千里くんは私のこといらないと思いました」
確かに話の流れを見ればそう思いますね。
 
初めて弟タイプが素敵と思いました。
根暗くてしょうがないと思ったのに、その実はちゃっかりしてて自分のことをちゃんと把握してる子でした。
千里くん、いい性格です。
 
最後に、千里のイメージIN流風:
スポンサーサイト

category: Norn+9

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近のコメント

文章分類

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。